陰茎海綿体注射(ICI)

ICI
Count per Day
  • 21今日の閲覧数:
  • 27昨日の閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

Total Website Visits: 375124
Total Page Visits: 201380

 ブログ 最近の投稿 

陰茎海綿体注射(ICI)

 ICI(陰茎海綿体注射)は、おちんちん(陰茎)を構成する左右2本の「陰茎海綿体」のどちらかに、血管を広げる薬(血管拡張薬)など複数の薬を混ぜた薬液を、大体0.2~1cc程度(インフルエンザの予防接種で0.5cc)注射します。

■陰茎海綿体の解剖はこちらのサイトのイラストが分かりやすいと思います。

Rauber-Kopsch解剖学

 注射をし、大体1~5分程度おちんちん(陰茎)にいきわたるようにマッサージ(揉みしだく)をすると、血管の一種である陰茎海綿体が拡張し勃起します。

 勃起は、60代以上の方でも30分~1時間半程度持続します。この勃起は糖尿病や高血圧等の合併症の無い健常な50代後半程度までの患者さんであれば、多くの場合2~4時間程度、射精しても萎えることなく持続しているという報告もあります。

 このため、早漏(挿入後1~10分程度で射精してしまう状態)の患者さんにも、早漏対策としても有用な治療です。

 またICIの場合、飲酒量とは直接の相関関係は無く、あくまでも陰茎局所に対する作用のため、患者さんからの症例報告では、

酩酊状態で注射した本人が寝ている状態でも持続が勃起していて女性は挿入(性交)が可能であった、という報告もあります。

問い合わせ

治療関連

医療機関向け

尚、リビドラ解説書『男性ルネッサンス』
(著者:梶並溢弘(株)スペースラブ発行)も併せてご参照下さい。

Total Page Visits: 201380 - Today Page Visits: 1
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。